温水式床暖房

ダイアリー

今日は秋晴れの良い天気です☀

昼間は気持ちがいいですが朝晩冷え込んできましたね~

さて、そろそろ床暖房の時期になりました!

コナラハウスのお客様方

皆さんそろそろですよ~・・・ということで本日は床暖房の記事です。

待ちに待ったCape Codの工事も始まりまして床暖房の配管が本日終わりました。

 

t2

 

コナラハウスの造る家では標準で温水式の床暖房を備えています。

1階の床すべてにパイプを張り巡らせ、低温のお湯を流します。

ルームエアコンのように顔だけが暑くて足元冷え冷えといった不快感は全くなく

家全体が陽だまりのような上質な暖かさになります。

ホットカーペットや高温での床暖房は足がむくんだり、低温やけどなどの危険もありますので

おすすめできません。

下の写真が床暖房の配管の様子です。

 

s-126

 

クルクル回っているのがパイプで^^見事です!

この作業はかなり高難度ですが暖かい家の為にはかかせない重要な仕事です

 

t1

 

家のどこにいてもほぼ一定の温度で真冬でも半袖で過ごせます

もちろん朝の寒さは全く感じないので我が家の子供たちは外に出て気温を確かめてから身支度しています(笑)

それ位快適なので、標準仕様でお客様にもご提案させていただいております。

お施主さまのTさんは今年の冬は体感できません。。。残念です!!

来年の冬を楽しみに今年はがんばってくださいね~

「温水式床暖房」への1件のフィードバック

  1. コナラハウスさんの前作(除くリフォーム)を手掛けて頂いたsecret flagの家主です。

    さて、今回ご案内の床暖房。コナラハウス住民として初めての冬を迎えつつある身として一言。

    日本よりよっぽど寒い北欧米仕様の気密性の高い窓&サッシに加え、コンクリートに蓄熱させる床暖房の保温持続性の高さに既に驚きを隠せない我が家(笑)

    コナラハウスさんが半袖でも冬を過ごせるとblogでも言葉でも何度も聞いておりましたが、本当に半袖で過ごせそうです(今現在半袖です)。

    自他共に認める寒がりの私ですが、そんな私が本当に半袖で過ごしてることに自分自身が一番ビックリしてます。

    ちなみに床暖房は強さとして真ん中よりも弱めで、つけている時間も夕方から夜9or10時くらいまでの数時間程度(但し、コンクリートの蓄熱を逃さないために毎日つけるように最近してます)。

    2才の子供がいるのですが、前居宅のつもりで子供に着せる着る布団みたいなもの(正式呼称良く分かってません、すみません。)を着させてたら、汗もができちゃいました。最近は春・秋モノのパジャマに替えて快適そうです。

    コナラハウスをご検討中の皆様、もし寒がりの方でしたら、是非ご検討を!(床暖房&保温もそうですがデザイン、工法、ディテールへの気配り、お人柄等々、他にも魅力盛りだくさんですけどね。)

    何かのご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*