KONARAHOUSE

Blog ブログ

FARROW&BALL

ダイアリー

ずいぶんとご無沙汰してしまいました・・・
いつも見ていただいている方にはサルサソースの画像ばかりが
出てきてつまらなかった事でしょう・・・
サルサソース作りは今も継続中ですが
本日は現場&工場の様子をお伝えいたします。
先週末はお施主様とのお打合せの為現場へ行ってまいりました。
仕上げ作業が始まっております。

 

s-030

 

今回こちらの現場を任されているコナラ1号の大工です。

一週間にわたり一から制作したフローリングです

細かい納まりも丁寧に仕上げてくれました。まるで寄木細工のような仕事です。

図面を起こすのにも一苦労、そして作る大工もかなりの苦労、

デザイン・設計・職人と皆が団結して仕上がった

世界にたった一つのフローリングです!

 

s-029

 

全貌はちょっぴり出し惜しみさせていただきますが

何となくお気づきいただけますよね・・・

こんな大変な仕事誰もやりたがらないと思いますが

コナラハウスはデザイン力もさることながら

職人のモチベーションも高いので何事にも意欲的に取り組みます。

ですので出来上がるもののクオリティーも高い訳です。

 

コナラハウスのデザインへの拘り・・・

今回のお仕事ではかなり色々なデザインをさせていただきましたが、

これからも常に良いデザインを意識して

取り組んでまいりたいと思った次第です。

 

k1

 

工場ではRIVERSIDE RESIDENCEのキッチンがペイントされております。

 

k2

 

この方もいつもコナラハウスの拘りに付き合って下さいます。感謝

 

 

墨付け

ダイアリー

梅雨らしい毎日が続いております。この季節、皆様いかがお過ごしですか?
私が最近はまっているのはコナラガーデンで採れる
新鮮なインゲン・ご近所さんにいただく
完全無農薬のズッキーニなどのお野菜を使ったサルサソース作り
梅雨ですがすでに夏野菜の収穫が始まっています!

s-035

s-039

たっぷりのお野菜のせいでチップスをパクパク食べても罪悪感が無く
毎晩食べ過ぎております。タバスコで辛さ調整が出来ますので
子供も大人も楽しめます。ビールにもワインにも◎です!
この新鮮なサルサを食べてしまうと、もう市販のサルサソースは買えません。
新鮮な夏野菜最高です!
手作りサルサソースおすすめですょ

さて本日も前置きが長くなりましたが、新工場のご紹介と共に
プロジェクト進捗状況をお伝えいたします。

s-025

外観は初お披露目かもしれませんね・・・
1年がかりで完成した工場  
お客様にも同業者の方にもカッコいい工場だと
お褒め頂きます。
木の外壁に黒のトリムやオリジナルで作ったサッシがピリリと効いて
渋い工場になりました~

s-028

もう既にフル稼働していて工場内ではキッチンや家具制作
そして只今進行中のプロジェクト
Forest Glamping の墨付けなどが行われております。

s-013

s-018

材料一本一本墨付けをして加工してゆきます。

s-014

新月伐採の材料も見受けられます。
今回のプロジェクト・・・何と全て手刻みです!
通常プレカットも入れますが
家の形状が特殊なのでプレカット
(大きな工場でコンピューター入力してプレカットマシーンが加工)
が対応できません。
やはりここは昔ながらの墨付け・刻みでいくことになりました!
かなりの時間と手間はかかりますが
大工の家への思い入れはより強くなります。

s-022

応援の大工さんも来てくれて来週からは刻み予定となっております!

コナラガーデンのアナベル満開です

s-005

最終確認

ダイアリー

昨日はRIVERSIDE RESIDENCE 
現場での最終確認のお打合せをしてまいりました。

s-073 (6)

使用する各カットサンプルを並べての最終確認です。
いよいよ内装の仕上げ工事が始まります。

今までは大工工事が地味に進んでおりました・・・
(地味といっても家の土台・屋根・壁・性能にこだわった断熱施工や電気・水道工事などなど
大切な工事ばかりですが・・・)
ただ、仕上げてしまうと見えなくなってしまうので
一般の方はこれからの仕上げ工事で盛り上がりますね!

t3

コナラハウスの特徴でもある木組みは仕上がっても見えてきます。

t2

こちらはお施主様こだわりのお部屋
お子様たちはパパのお部屋と言っておりますが
ゲストルームと称して計画が進められております・・・

t1

そして天井はレッドシダーの化粧材で仕上げてあります。
床仕上げはテラコッタタイルでお決めになられましたので
屋内ではありますがサンルームやコンサバトリーといった雰囲気になりそうです。

たくさんの作業工程を経てようやく仕上げ工事となりましたが
これからの細かい納まりなどを各職人さんに伝えながら、
いかに美しく仕上げるかが大切になってきます。
何とも神経を使う大切な工程となります。